盛岡市の賃貸物件探し

賃貸物件の種別の中に、賃貸分譲マンションというタイプの物件があります。

これは、分譲用のマンションとして建築され一旦分譲された後に賃貸物件として市場に出ている物件を指します。

分譲マンションが賃貸物件として登場するには、大きく分けてふたつのパターンがあります。

まずひとつめが、自分が住む目的で分譲マンションを買った人が転勤や引越しなどの事情で自分ではそこに住めなくなり代わりに住んでくれる人を探しているケースです。

そしてもうひとつが、はじめから投資用の物件として分譲マンションを購入し、そのマンションのオーナーとして賃貸経営をしているスタイルです。

賃貸分譲マンションは、元々が分譲用に建てられているのでオートロック付きが普通ですし、宅配ボックスなどの設備が充実しているという特徴があります。

また、防音性能も高い傾向にあるので騒音について気にする人には特に人気です。

ところで、賃貸契約には普通借家契約と定期借家契約があります。

普通借家契約というのは通常2年ごとに賃貸借契約を更新する契約で、定期借家契約の方は契約で決めた期間が満了したら更新はできないという契約スタイルです。

賃貸分譲マンションで、持ち主の転勤などの事情で賃貸に出されている場合は定期借家契約になっていることもあります。